かばん修理工房の福井でございます。

本日もたくさんのお問い合わせ、ご依頼いただきましてありがとうございます。

今回は【IL BISONTE イルビゾンテ】のお財布のファスナー交換の修理をご紹介させていただきますので

宜しくお願い致します。

 

 

1945年にベネチア出身ワニーにより創設されたブランドであるIL BISONTE イルビゾンテ。

パリでアートを学び、
妻ナディアの親戚のバッグ工場で技術を学んだ彼は、
職人気質なバッグにユニークなデザインを施し、バッファローのマークをつけました。

「雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、

あなたが日焼けすれば、バックも日に焼けます。

あなたのイルビゾンテはあなたの一部になるのです。」

創設者のワニーはイルビゾンテについてそう語っています。

 

持つ人に馴染んでいくイルビゾンテにふさわしいお財布をこの度R様よりご依頼いただきました。

上記のお写真でお分かりいただくように、ファスナーは布地が切れて、

ファスナーの小さな金具(務歯)に錆が固着した状態でした。

今回の修理では、破損したファスナーを取り外し、新しいファスナーをお取り付けさせていただきました。

 

 

引き手は使用されていたものを再度装着させて頂いております。

 

色が深く変化し、革が柔らかくなり、よく馴染んだお財布を拝見しますと、どれだけ大切にご愛用されていたかがうかがえます。

R様、この度は修理をご依頼いただきまして誠にありがとうございます。

チェック作業は完了しておりますので、明日の発送を予定しております。
発送準備が整い次第、ご報告入れさせて頂きますので宜しくお願い致します。

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包パックの種類 紙袋を希望する。箱を希望する。
その他のご要望

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です