かばん修理工房の三谷でございます。
 
 

 

今回のご依頼品はLouis Vuittonのショルダーバッグです。
 
 

 
 

 
 

ショルダーストラップを取り付けてある革(ループ)が切れかかっている状態でした。

ループはショルダーストラップとバッグ本体の間に位置している為、ひねる方向に力がかかり、大変傷みやすい部分です。

お持ちのバッグが同じような状態になっていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヴィトンのようなブランドバッグが傷んでしまった場合、修理に出すのにもなかなか勇気がいりますよね。

高価なものや大切に扱ってきたものを他人に触られるのは、誰でも少なからず抵抗があると思います。

当店では、一点一点丁寧に修理作業をさせていただいております。

気になっている事がございましたら是非お気軽にご相談下さいませ。

さて、今回のご依頼品は、傷んでしまったループを取り外し、新しく作成したループを取り付けるという作業をさせていただきました。

ヴィトンのバッグには様々なループのデザインがございますが、今回はカシメを使用しているタイプでした。
 
 

 

このようなタイプのループを修理する際には、お客様にご理解いただきたい点が1つございます。

それは、Louis Vuittonの刻印の入ったカシメが無地のカシメに変わるという点です。

ループの修理をする場合には一度、カシメを取り外す必要があります。

ですが、カシメは取り外せるようにはできておりませんので、ねじ切って外すより他に方法がありません。

その為、当店で修理をお受けする際は、無地のカシメに交換させていただく事をご了承ください。

カシメはヴィトンオリジナルのカシメに倣って真鍮製のカシメを使用しております。

真鍮は金メッキのカシメに比べると、やや落ち着いたトーンの金色をしています。

経年変化でくすんできても磨くとまた輝きを取り戻せるという点も真鍮のメリットです。

ただ、濡れたまま放置しますと傷みやすいのでその点はご注意下さい。

修理でお預かりするヴィトンのバッグでもよくカシメに緑色のサビのような物が付着していることがございます。

これは緑青といいまして、濡れたまま放置すると発生しやすいのです。

こういった場合は、やさしく磨いてあげると綺麗になることも多いので、気になっている方は一度ケアしてみて下さいね。

さて、当店のヴィトンのループ交換ではヌメ革を使用しております。

ヌメ革は、表面を塗料で覆っていないので革本来の色や風合いが楽しめます。

さらに、この革の大きな特徴として革の色の変化が挙げられます。

この点はヴィトンのバッグをお持ちの方であれば、よくご存じのことだと思います。

新品の時には白に近いほど明るいトーンですが、使い込むほどに落ち着いた飴色に変化していきますよね。

つまり同じタイプのLouis Vuittonのバッグだったとしても、ヌメ革の色はご使用状況によって全く異なっているという事なのです。

修理の際には、ご依頼品のヌメ革に近い色や風合いの革を使用します。

そして革にオイルを塗布し、革の明度をさらに調整します。こうすることで、革の表面の保護にもなります。

私たちの修理作業では、全体のバランスを重視しています。

ただ修理箇所を直すというのではなく、できるだけ他の部分との調和がとれるようにバランスを見ながら細かな調整をさせていただいております。

修理完了後の状態はこちらです↓↓↓↓
 

 

 
 

 
 

ループのヌメ革の色が全体に溶け込んでいます。

ステッチも一針一針丁寧に縫わせていただきました。

針目も均等に揃っており綺麗に仕上がったと思います。
 

N様この度はご依頼をいただきまして誠に有難うございました。

長くお使いいただけますことを願っております。
 

【お客様の声】
 
 
とても綺麗に直して頂いて本当にありがとうございました❗️
修理をお願いして本当に良かったです。
お気に入りのカバンが直ってとても嬉しいです〜

実はもうひとついずれ修理をお願いしたいカバンが有りますので修理の際はまたお願いすると思います😊

この度は本当にありがとうございます♪
 
 
 
  
 

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包パックの種類 紙袋を希望する。箱を希望する。
その他のご要望