かばん修理工房の三谷でございます。
本日もたくさんのお問い合わせ、ご依頼いただきましてありがとうございます。
 
 
今回は名古屋市のY様からLouis Vuittonのショルダーバッグの修理をご依頼いただきました。
 
 

 

ルイ・ヴィトンの定番アイテムであるショルダーバッグ。
Louis Vuittonのショルダーバッグといいますと川の名前にちなんだモデル「ダヌーブ」、「アマゾン」、「ナイル」がございます。
その中でも、アマゾンは既に廃盤であったにも関わらず、2015年のメンズコレクションで登場し、再び注目を集める事となりました。
これまでのLouis Vuittonのショルダーバッグのイメージを覆すような、ショルダーストラップを短くしたスタイリングで世間を驚かせます。

今回のご依頼品も、廃盤になっても未だ根強い人気があるモデル、ミニアマゾンです。
コンパクトですが、マチがしっかりあるので収納力にも優れたバッグです。

メンズコレクションでの「アマゾン」のように、バッグの持ち方一つで印象が全く変わるというのは面白いですよね。
メンズに限らず女性でも、こういった点は参考になるのではないかなと思います。
 
 

 
 

 

さて、今回はこちらのショルダーバッグのループの修理をご依頼いただきました。
ループ二か所の内、一か所は革が千切れており、もう片方は革が劣化している状態でございました。
そこで、今回は2か所ともループを交換させていただくことになりました。

作業は、ループの作成から始めていきます。
元のループから型をとり、革にその型を写し裁断致します。
出来上がったパーツにケガキを施し、ステッチの位置を丁寧に決めていきます。

ループの形はルイ・ヴィトンのバッグでもモデルによって異なります。
一部のモデルに関しては既に型をご用意しておりますが、通常は今回のように元のループから手作業で型を取っていきます。

そして、出来上がったループをバッグに縫い付ける作業に進みます。
バッグの内装をミシンが入る程度に解きます。
新しいループを、ミシンで丁寧にバッグに縫い付けていきます。

今回の修理ではカシメがついておりませんので縫いの行程を特に丁寧に行いました。
ミシンで縫う際に、糸に緩みがでないようにしっかりと糸を引き締めながら縫っていきます。

修理完了後の状態はこちらです↓↓↓↓
 
 
 

 


 
 
 
 
 
お鞄の革の色がとてもいい色に焼けておりましたので、それに合わせて、少し濃い目のヌメ革を使用させていただきました。
革は強度のある革を伸びない方向にとっております。
時々、ケアしてあげることでより長くご愛用頂けると思います。
 
 

 
 

Y様、この度はご依頼いただきまして誠にありがとうございました。
この度の素敵なご縁に感謝いたしております。
 
 
 
 

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包パックの種類 紙袋を希望する。箱を希望する。
その他のご要望