兵庫県神戸市K様より、
COACH(コーチ)のビジネスバッグF59141ミッドナイトレザーバッグの持ち手(ハンドル)の作成・交換をご依頼いただきました。

今回のご依頼品は、ビジネスバッグとしてご使用されていたものでございます。

ご依頼主様から、バッグの持ち手部分の片方の皮革が破れてしまいました。
両方の持ち手の修理を依頼したいので、見積もりをお願いします。
と、ホームページから、お問い合わせをいただきました。

メールで詳しくお伺いしていく中で、
概算をお伝えし、配送をお願いいたしまして、
修理のご依頼をいただきました。

日常のご使用によります自然な破損は、
当店でよくご相談をいただく修理内容でございます。

今回、変更箇所は特にございませんでしたので、
オリジナルに忠実な修理をさせていただくことになりました。

修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 

 

ご依頼品が届いて、
早速拝見させていただきましたところ、
持ち手部分の劣化が激しい状態で、部分的な修繕のみでは、改善が難しいものでございましたので、
新しい持ち手を作成し、お取り付けいたします。

新しく作成するための素材につきましては、
現状のものにできるだけ近い色味の牛革をお選びいたします。
これにより、仕上がりました時に本体との違和感を感じることも少ないと思います。

形状といたしましては、皮革の縁にヘリ返しのないデザインで、
フチのコバ塗りと呼ばれています塗料が薄いものの仕上げとなります。

新しい持ち手の強度を確保させていただくために、
ステッチ(縫い目)の位置や目数が多少変わることもございます。

同じ形状の型紙等のご用意はございませんので、
本体から慎重に取り外しました持ち手から型紙を起こして、
丁寧に皮革を切り出します。

工程の全てが職人の手作業によりますため、
曲線の部分に関しては輪郭に若干のズレが生じることもございます。
ハンドメイドでございますので予めご了承お願いしております。
 
 
修理完了後のお写真はこちら↓↓↓↓
 

 

 

新しく作成した持ち手2本を本体に取り付けまして、
再び丈夫で綺麗なバッグに仕上がりました。

お手元にお届け後もまた末長くご使用していただけますよう願っております。

COACH(コーチ)は、
1941年にニューヨーク・マンハッタンで創業されました高級皮革製品メーカーでございます。

社名のCOACH(コーチ)は乗り物、馬車で有名な
ハンガリーのコーチ(kocs)の都市名からきていると言われています。

頭文字でありますCのモノグラム柄のハンドバッグや財布、
パスケースなど代表的な商品をはじめ、多種多様に取り揃えて、
若者から歳を重ねた年代までの広い層から今も愛されています。
誠に評価が高い企業でございます。

かばん修理工房では、
当店舗の近くのみならず、全国からお問い合わせ、ご依頼をいただいております。

お電話やメールでのご相談等は、
常時、熟練の職人が長年の経験を生かしましてアドバイス・ご提案をさせていただいております。

遠方のお客様には、
配送をお願いいたしまして、ご依頼品が当店に届きましたら、
職人の手によって慎重に丁寧にお取り扱いさせていただき、
お直しをいたしております。

今、必要なお直しをご提案させていただくことによりまして、
熟練の職人が、必要な工程通りのお直しを進めていきますので、
過剰なまでのお直しをお勧めするようなことは決してございません。
この点はどうぞご安心ください。

一点一点、それぞれのご要望にお応えして、
蘇りましたご依頼品には、
皆さまからの感謝のお言葉をいただいております。
誠にありがとうございます。

兵庫県神戸市K様

この度は、COACH(コーチ)のビジネスバッグF59141ミッドナイトレザーバッグを
お預かりして修理させていただきました。

誠に有り難うございました。

【お客様の声】
 
かば修理工房
三谷さん
本日、商品の受け取り並びに決済を完了しました。
丁寧で職人魂がこもった対応をいただき感謝しております。
ありがとうございました。
 

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望