こんにちは

かばん修理工房の三谷でございます。
本日も、たくさんのお問い合わせ、ご依頼をいただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のバッグのループ交換、内側モノグラムパーツ部分ほつれ補修、
ファスナーエンド交換のご紹介です。

愛知県北名古屋市T様のご依頼品、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のバッグのループ交換と内側モノグラムパーツ部分ほつれ補修と、
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のバッグのファスナーエンド交換の2点のお直しが完了しました。

今回は、奥様のバッグ2点を旦那様が店舗にお持ちくださいまして、
ご依頼を承りました。

1点目のバッグは、ショルダーベルトの根元のループと呼ばれる本体とベルトをつなぐ皮革パーツがちぎれてしまっていました。
 
修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 

 

2点目のバッグは、ファスナーエンドのコンディションが悪い状態だということでございました。
 
修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 

 

ループやファスナーエンドのパーツ部分は、バッグの中でもご使用や荷物により負荷がかかりやすい、ダメージが蓄積されやすい箇所でございます。
もちろん、お使いになっていた環境や、その使用頻度によっても多少の差異はございますが比較的よくある修理内容でございます。

早速拝見させていただきましたところ、
ショルダーバッグのループは皮革の乾燥が見られました。
これは、乾燥によりステッチ上部で裂けてしまった状態でございました。
 
修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 

内側のモノグラムのパーツには、ほつれ箇所が見られましたので、そちらも今回の修理で補修することになりました。
 
修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 

 

ショルダーバッグのループ、ハンドバッグのファスナーエンドともに、できるだけ違和感のない近い色のヌメ革をお選びして新しく作成いたします。

ファスナーエンドは、ルイヴィトンのロゴが入っているのですが、交換いたしますとロゴのない皮革となります。

ショルダーバッグのループの交換のために、ループ周囲の必要箇所を丁寧に慎重に分解いたします。

表面の縫い穴を参考にミシンで縫製していきます都合上、裏面(裏地)の見えない部分の縫い目・ステッチの位置が元々とは多少違う位置になる、もしくは多少ずれてしまう可能性もございますが、耐久性につきましては全く問題なくご使用いただけますのでご安心ください。

今回のご依頼は、オリジナルに忠実なお直しとなりました。

これでまた、ご使用出来るように蘇りましたので、どうぞ安心して末永くご愛用ください。
 
 
修理完了後のお写真はこちら↓↓↓↓
 


 
 

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のバッグは、憧れのルイヴィトンと呼ばれています、フランスの一大ブランドでございます。
限定アイテムを始め、豊富なデザインと使いやすい機能を持ち合わせて、年代を問わず人気でございます。
丈夫なモノグラム素材は長い年月ご使用できる耐久性も備わっておりますので細かなお手入れでお直しいただきますと本当に長持ちいたします。

このように、かばん修理工房では、お気に入りのバッグが壊れた場合や部品を失った場合等、ご相談くだされば、熟練の職人が適切なアドバイス・ご提案をさせていただいております。
そして、ご依頼品は丁寧に慎重にお取り扱いさせていただきましてお直しいたしております。どうぞ諦めてしまう前に一度お問い合わせください。
スタッフ一同、ご連絡お待ちしております。

愛知県北名古屋市T様

このたびは、ご依頼品のLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のバッグを2点お預かりし、お直しさせていただきました。
誠に有り難うございました。
 
 

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望