こんにちは

かばん修理工房の三谷でございます。

本日も、たくさんのお問い合わせ、ご依頼をいただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、
BCBG MAX AZRIA(ビーシービージーマックスアズリア)のバッグの持ち手縫い込み修理、コバ補修のご紹介です。
 
 

静岡県藤枝市T様のご依頼品、
BCBG MAX AZRIA(ビーシービージーマックスアズリア)のバッグの持ち手縫い込み修理、コバ補修が完了しました。

今回のご依頼品は、20年程前に購入されたバッグでございますが、
5年前からはお嬢様が譲り受けご使用されて、とてもお気に入りのバッグなのでなんとか直ったら良いな。
という思いで、当店のホームページからお問い合わせをいただきました。

BCBG MAX AZRIA(ビーシービージーマックスアズリア)は、
1989年、チュニジア系フランス人でパリに生まれたマックス・アズリアがスタートさせ、その後、幅広く展開いたしました。

ブランド名のBCBGの意味は、「良いスタイル、良い趣味」と言ったところでしょうか。

ハリウッドスターを顧客とし、主に、レッドカーペット向けのドレスの制作を行い、
洗練されたデザインで最高級の生地を使用していましたが、残念なことに、2017年2月までで、その後、経営再建に伴い、他に引き継がれました。

今ではもう手に入らない、しかも母娘二代ご愛用の思い入れのあるご依頼品でございますので
何とかしてご要望にお応えしたいと思いました。

ご依頼品は、持ち手の付け根部分2箇所が千切れそうでした。

前面も後面も左側の持ち手部分が取れてしまいそうで、根元4箇所とも切れかかった状態でございました。

修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 

そのうち1箇所は接着剤で固められていたため少しその跡が見られました。
 

持ち手のコバ部分は全体的なひび割れが生じており、手で握る範囲の部分はコバ部分が既に剥げていました。
 
修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 


 

ハンドバッグの持ち手の根元部分は、手で持った時の動作によって捻られやすく、負荷がかかりやすい部分でございます。
また、使い込まれていくうちに、どうしてもステッチのラインで切れやすいため、よく見受けられる修理箇所でございます。

カラーにもよるのですが、一言で赤色といっても、いろいろな赤色がございます。
同じ色でその上、同素材となりますと、お探ししても難しく、
新しく作成交換となりますと、バッグそのものの雰囲気が変わってしまう恐れがありますため、
修理といたしましては、切れかかった根元付近の痛んだ部分を切断しまして、
その分少し短くなりますが、長さを揃えて4カ所の根元を強度と耐久性を確保するために1~1.5センチほど縫い込みます。
これでオリジナルのデザインはそのまま保たれます。
 
 
修理完了後のお写真はこちら↓↓↓↓
 

まず、バッグの開口部より慎重に現状の持ち手を取り外して分解を始めます。
分解した部分の縫い目は、表側のミシン目の穴を参考に縫製いたします。
縫い戻しの際には、表面のミシン目の穴に合わせて持ち手をしっかり縫い付けますので、
縫う時に確認できない裏側は、どうしても縫い目が多少ずれるおそれもございます。

一度分解しておりますので、若干の歪みから部品の厚みが変わってしまう部分も生じ、
これによる大きなズレが起こることもございます。
出来る限り強度を重視し慎重に縫製を行いますが、
裏側には、こういった微妙な見た目の変化があり得ることを許容範囲とし、お見積りご案内時に予めご承知いただいております。
 
 

皮革の断面のコバ部分につきましては、
現状、塗られているコバを無理矢理除去しますと、皮革の側面を傷つけてしまう可能性がございますので、コバ塗りの割れ目や剥がれている部分には塗り直しを行います。

割れがさほど生じていない部分につきましては、ほとんど残しますので、新たに塗り足した部分と多少の差異が生じて表面に凹凸感ができる可能性がございます。

現状の塗られている塗料を参考に色を調合いたしますが、塗料に含まれる成分の違いから、元々の表面の質感・ツヤ感に多少の差異が生じます。

修理となりますと工程上、多少のリスクが生じます。
 

細かい箇所とは言え、職人の手作業での塗装と乾燥を繰り返しますので、時間を必要とする大掛かりな作業でございます。
その分、高額なご案内となってしまいますが、素材のほころびを抑えて、今後の劣化を抑えてくれます効果が有る大切な工程でございます。

比較的厚めのコバ塗りになりますので、横からの衝撃に弱く、剥がれてしまったり外れてしまう等、再発の危険性も考えられます。
お直しの範囲で出来る限り定着できるように塗り直しを行いますが、ご使用の際は十分お気をつけください。

ご予算に関しましては、特にお気にされてなく、お見積もりのご提案通りに進めさせていただきました。

結果的に、持ち手の縫い込み修理もご依頼いただきましたので、
一度持ち手を本体から取り外して作業が行えました。
そのため、コバは一部分ではなく全体を塗装することが出来ましたので、全体的に丈夫な補修をすることができました。
 
 
修理完了後のお写真はこちら↓↓↓↓
 


 

 
 

これでまた綺麗に蘇りました。

当店では、このような思い入れのあるご依頼品を、修理箇所や修理内容はいろいろでございますが、よくお取り扱いさせていただいております。

これは一重に、職人一人一人が慎重に丁寧にご要望に応じた綺麗な仕上げを心がけてきた日々の積み重ねの結果、ご依頼主様に喜んでいただけているのだと痛感いたしております。
誠にありがたいことでございます。

静岡県藤枝市T様様

このたびは、ご依頼品のBCBG MAX AZRIA(ビーシービージーマックスアズリア)のバッグをお預かりし、お直しさせていただきました。
誠に有り難うございました。

【お客様から声】
 
こんにちは‼️

本日、バック受け取りました。とても丁寧に綺麗に直して下さり、感謝します。有難うございました。

余り見かけないタイプのバックだとか思うので、だからこそ大事に持ちたいと思います。

メールでの丁寧な対応も感謝しています。本当にお手数掛けました。

又、機会がありましたら、お願いしたいです。

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望