とてもお天気の良い成人の日となりましたね。

かばん修理工房の三谷でございます。
本日もたくさんのお問い合わせ、ご依頼いただきましてありがとうございます。
 

今回はkate spade(ケイト・スペード)のお財布の修理をご紹介させていただきますので宜しくお願い致します。
 

この度、鹿児島県薩摩川内市K様からご依頼いただいた内容は
引き手取り付け、スライダー交換2箇所、引き手作成です。

お財布もバッグと同様に、多種多様なデザイン、カラーが取り揃えられているケイト・ スペード。
ご依頼いただいたお財布はプリント柄のビニール素材の長財布で、
当店によくご相談いただくタイプの金具の引き手がついたお財布になります。
 

 
ケイトスペードのお財布によくあるタイプの引き手で、デザイン性の高いケイトスペードの特徴とも言える金具ですが、
デザインの高さゆえに、とても華奢なため、折れやすく、引き手の破損はご相談いただくことの多い修理です。

 

スライダーが引き手を固定する根元部分で折れて破損しておりますので、
引き手を取り付けるためにはスライダー交換も必要になります。
 

 
引き手金具は破損しておりませんので問題なく新しいスライダーに取り付けることが可能な状態です。
 

 
ケイトスペードの引き手金具の穴の大きさに合うDカンと呼ばれるスライダーと引き手を接続させるための金具は
代替品を使用してお取り付けさせていただきます。
 

 
穴に通る大きさ、引き手金具の幅とのバランスを考慮したDカンのサイズを選んでおります。
 


少しでも大きいと引き手が左右にグラグラ動いてしまいます。
取り付けに多少苦戦しますが、幅がジャストなものを選び取り付けます。
 

 
内側の小銭入れの引き手が紛失しております。
 

 
幸い、スライダーとの接続金具であるDカンは紛失していなかったため、ケイトスペード純正のDカンを再利用し、雰囲気そのままに、
できるだけオリジナルに忠実に小銭入れのファスナーの引き手を革で作成させていただきました。
 

 
丸いカシメ金具と呼ばれるものはケイトスペードの純正品はスペードマークの刻印がございますが、
ご用意は出来かねますので無地の丸いゴールドの金具になります。
 

 
引き手は手でつまんで引っ張る動作が加わる部品ですので、強度がある程度出るよう、引き手の革の内側には芯を挟んで作成しております。
 

 
革は違和感がない模様の入ったハリのある革を使用しておりますので、ケイトスペードの雰囲気を壊さないよう考慮しております。
 

 

K様、この度は修理をご依頼いただきまして誠にありがとうございます。
お財布は全体的に汚れや型崩れ等も無く、とても綺麗な状態で、大事に使用されていることがうかがえました。
これからも長くご愛用いただければ嬉しく思います。
 

 

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望