かばん修理工房の三谷でございます。

本日もたくさんのお問い合わせ、ご依頼いただきましてありがとうございます。
今回はLOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)の
ソーホー ダミエ リュックのベルト交換の修理をご紹介させていただきますので
宜しくお願い致します。

 
 

 

愛知県名古屋市I様より
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のソーホー ダミエ リュックのベルト交換をご依頼いただきました。
 

直接受付窓口にご依頼品をお持ち込みいただきご相談をお伺い致しました。
ベルトの革の硬化が進み、ベルトの革が割れてしまっている状態ございました。

ベルトのみの交換が可能かどうかという相談内容でございました。
 
 
修理前の状態のお写真はこちら↓↓↓↓
 


 
交換することは構造上可能でごさいます。
ご依頼いただいたリュックの構造は、ベルトの根元等が縫製されているものではなく、
取り外しが可能なため、
分解する必要がないタイプのリュックですが、
ベルト上部を固定しているギボシと呼ばれる金具については
一度取り外してしまうと元に戻すことができない再利用不可能な金具のため、
ギボシ金具は当店でご用意する代替品になってしまうことを
修理のお見積ご案内時にご説明させていただきました。

金具のサイズや形状等、デザインや金具自体の構造がオリジナルと比較した際に
大きく変化してしまわないよう、できるだけ近い代替品をご用意させていただきました。
 
ベルト下部を固定しているバックルは再利用が可能な金具のため、
現状のベルトから取り外して新しいベルトに利用いたします。

ベルト幅、厚みを計測し、オリジナルにできるだけ近い仕上がりを目指して作成いたします。
 
修理前の状態のおかばん全体のお写真はこちら↓↓↓↓
 

 
 
使用する革についてはできるだけ近い焦げ茶色の革をお選び致しますが、
ぴったり同色ではなくなることもご了承頂きました。
 
張りがあり、しっかりとした仕上がりになる革を使用いたします。
元のベルトを参考に、ベルトの先のデザインの削り加工をし、
近い色の糸を使用して縫製していきます。
ベルトはなかなかの長距離ですので、ステッチが歪んでしまわないよう、
細心の注意を払って作業を行います。
 
ベルトの断面には専用の塗料を塗って仕上げております。
 
 
修理完了後のおかばん全体のお写真はこちら↓↓↓↓
 


 
 
代替金具を使用したベルト上部のお写真はこちら↓↓↓↓
 

 
ベルト下部(バックル再利用)のお写真はこちら↓↓↓↓
 

 
I様、この度は修理をご依頼いただきまして誠にありがとうございます。 
LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)の
ソーホー ダミエ リュックは
デイリーユースに最適な程よい大きさで
様々なシチュエーションで活躍するリュックかと存じます。

今後もご愛用頂けますと幸いでございます。

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望