こんにちは

かばん修理工房の三谷でございます。

本日も、たくさんのお問い合わせ、ご依頼をいただきまして、誠にありがとうございます。

今回は、Orobianco(オロビアンコ)のバッグの持ち手交換のご紹介です。

愛知県江南市T様のご依頼品、
Orobianco(オロビアンコ)のバッグの持ち手交換のお直しが完了しました。

ご依頼主様は、ホームページをご覧になり、近くにかばん修理工房の当店があることをお知りになり、お仕事の帰りに店舗に直接お寄りいただきまして、ご依頼をいただきました。

ご依頼品は、毎日お仕事でご使用されているOrobianco(オロビアンコ)のバッグで、
早速拝見させていただきましたところ、
バッグの持ち手は、すでに皮革が摩耗し、持ち手の中の芯は露出してしまって折れてしまい、完全に破損してしまった状態でございました。

修理前の状態のお写真↓↓↓↓
 
 

 
 

 

この状態でご使用するのは不便なので修理したいというご相談でございました。

ご依頼主様には、ご来店いただけましたので、使用する皮革は、当店の取り扱いのある茶系で1番近いものを、実際にご覧いただきまして、使用いたしました。

オリジナルの状態に戻す修理でございますが、カシメ金具はアンティークゴールドの代替品になることをご説明させていただきました。
 
 
修理前の状態のお写真(このカシメ金具を取り外すことになります)↓↓↓↓
 
 

 

Orobianco(オロビアンコ)のバッグの付属品である赤白グリーンカラーのリボンは、そのまま新しい持ち手にお取り付けいたしました。
 
修理前の状態のお写真(リボンは再利用致します)↓↓↓↓
 
 

お客様がお使いになっていた環境や、その使用頻度によっても差異はあるものの、バッグの中でも持ち手部分は手で握る部分でございますため、荷物の負荷や摩耗に加え、手の汗や汚れ等、ご使用されている間に様々な要因で皮革のコンディションが悪化していくため、ダメージが蓄積されやすい箇所でございます。

バッグの持ち手は、メーカーやシーズン、および設計するパタンナーやデザインによって、形状や企画が変わってしまうため、
型紙を保管するのではなく、その都度、ご依頼いただきましたバッグに合わせて修理部分の部品の分解を慎重に行い、型紙を起こし、バッグ一つ一つを1から手作業で作成する工程が必要でございます。

ご依頼品は、持ち手の根本部分がポイントの一つで、細かい細工のデザインになっておりましたので、簡単なデザインに変更されることもできましたが、オリジナルに忠実なデザインで作成した場合のお見積もりがご依頼主様のご予算内でございましたので、今回は、オリジナルに忠実なデザインで新しく作成し、交換させていただきました。
 
 
修理完了後のお写真はこちら↓↓↓↓
 
 


 
 
 
 

Orobianco(オロビアンコ)はイタリアのバッグのブランドとして世界中で知られています。
素材やパーツまでこだわり抜いて制作されたバッグは、男女を問わず、人気があります。
高級ですが実用性が高く、使い心地も優れたアイテムが揃っています。
じっくりと材料を選び、細部までこだわって作られる製品。
人気アイテムは、ショルダーバッグ・リュック・財布・ペンケース・ボストンバッグ・ウエストバッグなど、イタリアの職人たちの技術とデザインが素敵な逸品を作り出しています。
 

かばん修理工房では、熟練の職人が、ご要望をお伺いし、アドバイスやご提案をさせていただいております。

その上で、ご依頼品を丁寧にお取り扱いさせていただきまして、
お直しいたしましたバッグは、お手元に戻りますとまた、以前のように安心して長くご愛用いただいております。

皮革製品のお取り扱い等、お気軽にお尋ねください。
スタッフ一同、お待ちいたしております。

愛知県江南市T様

このたびは、ご依頼品のOrobianco(オロビアンコ)のバッグをお預かりし、お直しさせていただきました。
誠にありがとうございました。

  

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望