今回は愛知県名古屋市O様からPRADAのショルダーバッグの持ち手修理をご依頼いただきました。

ご依頼品は、どんなお洋服にも合わせやすいプラダらしいシンプルなデザインのバッグ。

白のステッチが施されたレザーとナイロンのコンビネーションで、男性が持っても女性が持っても様になるユニセックスなデザインもこちらのバッグの魅力ですね。

さて今回は持ち手のダメージが気になっているとの事で、ご依頼をいただきました。

ご依頼品を拝見いたしますと、大きな損傷はございませんが、持ち手の革のシワやヘタリ、コバの毛羽立ちなどが確認できました。

今回は、革が千切れたりしている訳ではございませんので、ダメージとしては軽傷でございます。

ですが、これをお客様にご満足いただける状態にしようと致しますと、補修などではなく、持ち手を一からお作り直しするのが一番ではないかなと感じました。

色補修などでも印象は変わりますが、糸のくすみなどはそのまま残ってしまいますし、なにより革のヘタリに関しては改善が見込めません。

そこで、今回は新しい革でオリジナル品と同じ仕様の持ち手を作成させていただくことに致しました。

こちらが修理完了後の状態です。

きれいな持ち手に仕上がったと思います。

全てオリジナル品と同様の規格で作成しております。

持ち手に取り付けてある輪っか状の小さな革パーツも新しくお作り替えさせて頂きました。

今回の修理では革のチョイスが功を奏したように思います。

実はこちらの革はオリジナル品とそっくりと言うわけではございません。

通常はできるだけ本物に似たような革でお作りするというのがセオリーなのですが、今回はオリジナルとは若干印象が異なるこちらの革をあえて使用させていただきました。

その理由は2つあります。

一つは単純に、こちらのバッグで使用されている革によく似た質感の革が当店ではお取り扱いがなかったため。

そして、もう一つは、この革がちょうど良いハリ感が表現できる革であった為でございます。

革の「ハリ」は革の厚みや色と違い、普段あまり意識することがない点だと思いますが、実はレザー製品の仕上がりに大きく影響を与える部分なのです。

今回のご依頼品はしっかりとした厚みのある持ち手なのですが、ご使用に伴って柔らかくしなやかな状態になっておりました。

これは決して悪い事ではないのですが、使い込まれたバッグの雰囲気がお好きでない方にとってはデメリットになります。

あえて張りのある革を使用する事でパキッとした印象の持ち手をお作りすることができます。

持ち手が変わっただけですが、バッグそのものも真新しくなったような印象ですね。

O様、この度はご依頼いただきまして誠にありがとうございました。

この度の素敵なご縁に感謝致しております。

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望