かばん修理工房の三谷でございます。
本日もたくさんのお問い合わせ、ご依頼いただきましてありがとうございます。
 
今回は東京都日野市A様からバーバリーのショルダーバッグの修理をご依頼いただきました。
 
 

ご依頼品はバーバリー・ブラックレーベル のノバチェックのクロスボディバッグ。

イギリスを代表するブランド、バーバリーは1856年に当時若干21才のトーマス・バーバリーによって立ち上げられました。

バーバリーは耐久性・防水性に優れた素材、ギャバジンを開発し、その新素材を使用したトレンチコートが英国陸海軍で採用され、イギリスで広く知られるようになりました。

また、もともとはコートの裏地のデザインであったチェック柄が人気を博し、今ではバーバリーのトレードマークにもなっています。

さて、今回は4箇所、3種類の修理をご依頼いただきました。

破損箇所は、前ポケットのファスナー、メインファスナー、ループ2箇所の計4箇所でございます。
 

まず前ポケットのファスナーですが、こちらはファスナーを閉めても開いてきてしまうとのことでございました。
拝見させていただきましたところ、ファスナー自体には問題がございませんでしたので、スライダーのみを交換させていただくことになりました。


 

次にメインファスナーですが、こちらはファスナーがスムーズに開閉しなくなっておりました。
確認致しましたところ、エレメントのサビが原因のようでしたので、こちらは、ファスナーを新しいものと交換させていただくことになりました。
 

そしてバッグ両サイドのループ(根革)に関しましては、革が劣化し、千切れておりました。
こちらは、新しい革でループをお作りさせていただくことになりました。

修理完了後の状態はこちらです↓↓↓↓
 

 

 


 

ループにはバッグに合わせて厚手の革を使用させていただきました。
ファスナーもスムーズに開閉できるようになっておりますので、快適にお使いいただけると思います。

ファスナーの不具合に関しましては、スライダーのみの交換で直る場合とファスナー全体を取り替える必要がある場合がございます。

基本的にはファスナーの布テープに破れやほつれがなくエレメントにも異常がない場合はスライダーのみの交換で直ることが多いです。
スライダーは一見、問題がないように見えても磨耗により金具の内部がすり減っている場合がございます。
そうしますと、きちんとファスナーが閉まらなくなってしまいます。

スライダーのみの交換は、手軽に修理することができますので、ファスナーの開閉でお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。

A様、この度はご依頼をいただきまして誠にありがとうございました。
今後も末長くご愛用いただけますよう願っております。
 


 
 

【お客様の声】
 
お疲れさまです、、
本日、修理をお願いしておりましたBURBERRYのカバン、到着しました。
仕上がりはまったく問題なく、たいへん嬉しく受け取りました。
このカバンは、大切な方からいただいたカバンで、私は死ぬまで使っていきたいと思うものです。
またこのカバンに何かありましたら、よろしくお願いいたします。
今回は本当にありがとうございました。
 
 

 
 

かばん修理工房へのご相談はこちらから

(※印がついているものは必須項目です)

ブランド名
ご依頼の内容 バッグの修理財布の修理革小物の修理その他の修理
お困りの症状 シミ・色むらキズ・汚れかび・腐食ファスナー破損持ち手の破損金具の不具合内袋の劣化コーティング
お名前
E-mail ※
電話番号
郵便番号
郵送パックお届け先
梱包用紙袋のサイズ かばん用(50×50cm)小物用(26×20cm)
その他のご要望